壬生義士伝 [中井貴一/佐藤浩市] [レンタル落ち]

壬生義士伝 [中井貴一/佐藤浩市] [レンタル落ち]

1088円

壬生義士伝 [中井貴一/佐藤浩市] [レンタル落ち]

壬生義士伝 [中井貴一/佐藤浩市] [レンタル落ち]:私たちの編集者とライターは、私たちの独立したラボから提供されるすべての最新製品を徹底的に評価します。 最近、現代劇のドラマが相当つまらなくなったように思えてならない。おっと……全部が全部というワケではないでしょうけど、言い方が悪かったかな?つまらないというのは面白くないのではなく、面白いんだけれど◯月〜◯月までの3ヶ月の視聴中は『主演の誰々が可愛いな』とか『来週の展開はどうなるんだろう』とかと楽しめても、次のシーズンになり新しいドラマが始まると忘れてしまう。言い方が変かもしれないが一過性の楽しみでしかない感じがしてしまう。ただ、TV的にはオワコンと言われて最近では新作と言えば年に1、2回スペシャル版が放送される『必殺!』ぐらいなモノじゃないかと思うが、年に数本は製作・上映される映画の時代劇には時折、心にグッとくる作品がありますね。なんというか、現代と違い物流も通信も未発達で不便な世の中だけど、その場、その場においての無骨なまでの人と人の心の触れ合いやウザったいと感じるほどの絆の強さ…描写的に御涙頂戴で書かれてしまうかもしれないし、ソレしか手段が無いのだろうけれどソレが心にジーンと来るんですね。この『壬生義士伝』は明治に入り、ある夜に熱を出した孫を医者に連れて来た老人と、翌日には大陸に渡る為に引っ越しの準備に追われる開業医の出会いに始まる。ひょんな事から老人が写真立てに飾られた一人の幕末の武士の写真を見て医師と酒を酌み交わしながら写真に写った武士の思い出話に興ずる話。写真に写っていた武士は中井貴一さんが演じる吉村、彼は南部の貧しい下級武士の出で、飢饉続きで死を待つしかない家族を守る為に世の習わしに背を向けて脱藩する。そして幕末に活躍した人気の高いグループ、新撰組に入り金の為に汚れ役もする守銭奴のような男となるが、その稼ぎは置き去りにした家族の為に送っている。一方、もう一人の主人公として活躍する佐藤浩市さん演じる斎藤一……『るろうに剣心』の読者にはスグにピンと来る人物だが、剣の腕は確かでどちらかと言えば孤高の侍。他人と馴れ合わず、恐らくあまり人を信じず、自分の信念を曲げない死に急ぐタイプの男。その男が孫を連れて現れた後の斎藤一。死に急ぐ事に突き進んでいるような集団の新撰組がなんとなく好きで居心地の良い場所と感じている斎藤に対し、金さえ貰えば何でもする吉村。ある仕事の際に斎藤は組の規律を破ってまで弱腰で武士とは思えぬ所業をする仲間を殺害するが、その検視をした吉村は規律違反を口外しない代わりに口止め料を要求する。そんな事件から斎藤と吉村の交流が深まり〜。という感じだが、吉村は義に厚く、人懐っこい性格で斎藤に対し最後まで敵意無くただただ仲間として接しているが、斎藤は吉村をいけ好かない奴・恨みは無いが気に食わないから殺したいぐらいに思っていたが、ラストに向けて仲間として連んで遊び回ったような仲でも無ければ必要以上の親交を深めたわけでもないのに芽生えた情。吉村が斎藤にではなく、斎藤の中で吉村に芽生えた『お前のような男が死んではいけない!』という思い。そして大政奉還がなされ幕府の体制が終わりを告げた最後の戦いの地で吉村の消息は途絶える。後日の南部……この地で迎えられる吉村の最期。ここでは吉村の幼少期からの親友で三宅裕司さん演じる藩主との最後の交流が描かれ、話は(劇中での)現代に戻る。老いてから思わぬところで若き日を共に過ごした同士との思わぬ形での再会を果たした斎藤。孫を連れて帰り行く斎藤は吉村から聞いた言葉を口ずさむが、その姿は吉村を殺したいと憎んでいた斎藤の姿ではなかった。あらすじはこんな感じだが、この中には対外的に笑わせるとか、感動させるとか、そういった思惑や狙いは微塵も感じない。登場人物を中井貴一さんや佐藤浩市さんのようなベテラン俳優さんが固め、沖田総司ぐらいの若くて美形のイメージがあるキャラクターでも堺雅人さんが演じているぐらいがちょうどいい。今流行りのイケメン俳優や人気女優を当てはめたら絶対に感動なんてしないだろうと思います。そして、時代劇映画の一種になるのだろうけど、『どろろ』のような妖怪退治や『GOEMON』のようなサイバーパンクを取り入れたようなSFチックな感じの亜流ではなく正統派の作品で、TV時代劇のように人間ドラマはそこそこにラストの切った張ったの立ち回りがメインでないのも良い部分だと思います。このような映画をどんどん作って欲しいですね。ついに再販開始,引出物,1着でも送料無料壬生義士伝 [中井貴一/佐藤浩市] [レンタル落ち]
開催中のキャンペーン
あなたにおすすめのアイテム
10万円以下のおすすめ商品
新着アイテムからあなたにおすすめ
よくチェックされているアイテム
こんにちは、様 (ログアウト)

壬生義士伝 [中井貴一/佐藤浩市] [レンタル落ち]

壬生義士伝 [中井貴一/佐藤浩市] [レンタル落ち]:私たちの編集者とライターは、私たちの独立したラボから提供されるすべての最新製品を徹底的に評価します。 最近、現代劇のドラマが相当つまらなくなったように思えてならない。おっと……全部が全部というワケではないでしょうけど、言い方が悪かったかな?つまらないというのは面白くないのではなく、面白いんだけれど◯月〜◯月までの3ヶ月の視聴中は『主演の誰々が可愛いな』とか『来週の展開はどうなるんだろう』とかと楽しめても、次のシーズンになり新しいドラマが始まると忘れてしまう。言い方が変かもしれないが一過性の楽しみでしかない感じがしてしまう。ただ、TV的にはオワコンと言われて最近では新作と言えば年に1、2回スペシャル版が放送される『必殺!』ぐらいなモノじゃないかと思うが、年に数本は製作・上映される映画の時代劇には時折、心にグッとくる作品がありますね。なんというか、現代と違い物流も通信も未発達で不便な世の中だけど、その場、その場においての無骨なまでの人と人の心の触れ合いやウザったいと感じるほどの絆の強さ…描写的に御涙頂戴で書かれてしまうかもしれないし、ソレしか手段が無いのだろうけれどソレが心にジーンと来るんですね。この『壬生義士伝』は明治に入り、ある夜に熱を出した孫を医者に連れて来た老人と、翌日には大陸に渡る為に引っ越しの準備に追われる開業医の出会いに始まる。ひょんな事から老人が写真立てに飾られた一人の幕末の武士の写真を見て医師と酒を酌み交わしながら写真に写った武士の思い出話に興ずる話。写真に写っていた武士は中井貴一さんが演じる吉村、彼は南部の貧しい下級武士の出で、飢饉続きで死を待つしかない家族を守る為に世の習わしに背を向けて脱藩する。そして幕末に活躍した人気の高いグループ、新撰組に入り金の為に汚れ役もする守銭奴のような男となるが、その稼ぎは置き去りにした家族の為に送っている。一方、もう一人の主人公として活躍する佐藤浩市さん演じる斎藤一……『るろうに剣心』の読者にはスグにピンと来る人物だが、剣の腕は確かでどちらかと言えば孤高の侍。他人と馴れ合わず、恐らくあまり人を信じず、自分の信念を曲げない死に急ぐタイプの男。その男が孫を連れて現れた後の斎藤一。死に急ぐ事に突き進んでいるような集団の新撰組がなんとなく好きで居心地の良い場所と感じている斎藤に対し、金さえ貰えば何でもする吉村。ある仕事の際に斎藤は組の規律を破ってまで弱腰で武士とは思えぬ所業をする仲間を殺害するが、その検視をした吉村は規律違反を口外しない代わりに口止め料を要求する。そんな事件から斎藤と吉村の交流が深まり〜。という感じだが、吉村は義に厚く、人懐っこい性格で斎藤に対し最後まで敵意無くただただ仲間として接しているが、斎藤は吉村をいけ好かない奴・恨みは無いが気に食わないから殺したいぐらいに思っていたが、ラストに向けて仲間として連んで遊び回ったような仲でも無ければ必要以上の親交を深めたわけでもないのに芽生えた情。吉村が斎藤にではなく、斎藤の中で吉村に芽生えた『お前のような男が死んではいけない!』という思い。そして大政奉還がなされ幕府の体制が終わりを告げた最後の戦いの地で吉村の消息は途絶える。後日の南部……この地で迎えられる吉村の最期。ここでは吉村の幼少期からの親友で三宅裕司さん演じる藩主との最後の交流が描かれ、話は(劇中での)現代に戻る。老いてから思わぬところで若き日を共に過ごした同士との思わぬ形での再会を果たした斎藤。孫を連れて帰り行く斎藤は吉村から聞いた言葉を口ずさむが、その姿は吉村を殺したいと憎んでいた斎藤の姿ではなかった。あらすじはこんな感じだが、この中には対外的に笑わせるとか、感動させるとか、そういった思惑や狙いは微塵も感じない。登場人物を中井貴一さんや佐藤浩市さんのようなベテラン俳優さんが固め、沖田総司ぐらいの若くて美形のイメージがあるキャラクターでも堺雅人さんが演じているぐらいがちょうどいい。今流行りのイケメン俳優や人気女優を当てはめたら絶対に感動なんてしないだろうと思います。そして、時代劇映画の一種になるのだろうけど、『どろろ』のような妖怪退治や『GOEMON』のようなサイバーパンクを取り入れたようなSFチックな感じの亜流ではなく正統派の作品で、TV時代劇のように人間ドラマはそこそこにラストの切った張ったの立ち回りがメインでないのも良い部分だと思います。このような映画をどんどん作って欲しいですね。ついに再販開始,引出物,1着でも送料無料壬生義士伝 [中井貴一/佐藤浩市] [レンタル落ち]